大地の芸術祭
【重要】11月からのまつだい「農舞台」フィールドミュージアムの営業について

ART

大地との出会いが生んだアート

大地の芸術祭の里のアートは、世界各国のアーティストが越後妻有の大地と出会い、そこで起きている様々なことを知ることから生み出された作品です。 棚田での稲作の厳しさと、農家の働く姿に心を打たれ制作されたイリヤ&エミリア・カバコフの「棚田」をはじめ、アーティストが見つけた何かを作品を手掛かりに里山に出発しましょう。

*作品の鑑賞にはチケットが必要なものがあります。
*屋外作品は冬季間(11月~4月)ご覧いただけません。

まつだい「農舞台」

まつだい「農舞台」の画像リンク

松代城(展望台)

松代城(展望台)の画像リンク

城山(屋外)

城山(屋外)の画像リンク

まつだい郷土資料館

まつだい郷土資料館の画像リンク
まつだい農舞台の写真

まつだい「農舞台」

 

無料エリアの作品

松代城(展望台)の写真

松代城(展望台)

城山(屋外)の写真

城山(屋外)

無料エリアの作品

まつだい郷土資料館の写真

まつだい郷土資料館

まつだい郷土資料館の画像

D247

まつだい郷土資料館

Matsudai Historiy Museum

築約140年のけやき造りの民家を利用した郷土資料館です。豪雪地帯特有の重厚な建物で、松代の暮らしに密着した民具や資料を展示しています。